So-net無料ブログ作成
検索選択
音楽のお話 ブログトップ

ファンモン [音楽のお話]

ファンキーイモンキーベイビーズなるバンド?
私たちの年代では,
ファンキーモンキーベイビーと聞いたら,
キャロル歌詞を思い浮かべる人が多いと思う。
だから,その手のバンドかと思ったら,
えらく,学校の集会でのクラス合唱を意識したような,
青春路線の曲が多い。
こちらが勝手にイメージしただけなのだが,
「君はファンキー・・・」のイメージとあまりに違っていて,
驚いた。
このごろは,やっと違和感もなく,普通に受け入れられるようになった。
おばさんも大変だ。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ポスト 旅立ちの日に [音楽のお話]

さて,そろそろ,卒業式で歌う歌が,
決定し,取り組みが始まっているころと思います。
卒業式の歌として定番になってきた旅立ちの日に。
コマーシャルでも使われるようになって
中学校の一日体験入学に行ったら,
音楽の体験授業で「卒業式,何を歌うの?」と聞かれ
殆どがこの曲だった。
そろそろちがう曲でも・・・
というところにあらわれたのが YELL
これから続くかはわからないが,
今年,いくつかの学校が,これにしたと耳にしている。
卒業式か,送る会のどちらかで歌われることと思う。
いきものがかり 良い歌だねー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

悲しき口笛 [音楽のお話]

ついに,岡林信康の美空ひばりカバーCDを手に入れた。
中でも,悲しき口笛は,
ピアノ(伴奏?)・アレンジ
山下洋輔
山下洋輔のイメージは,
破壊的なステージだったのだが,
なんと素敵なジャズになっていた。
ニッカのシングルモルト余市20を
ロックで飲みながら,聞きたい気分。
(大人だねー)
あー,その気分を味わう前に,
部屋の掃除をしなければ・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ナイスな音楽 [音楽のお話]

昨日,PCに向かっているとき,隣の部屋のテレビから良い音楽が聞こえた。
NHKの「SONGS」という番組らしい。
美空ひばりの「悲しき口笛」
山下洋輔らとセッションで「山谷ブルース
悲しき口笛のほうは,口ずさめるほどではないにしろ,
耳にしたことがある。
今になって「名曲だなー」と思った。
「山谷ブルース」は,岡林のあのまんまを歌っていた。
もっとも,私がこの曲とであったのは,中学時代で,
たまに番組の何かで,使われているのを聴くぐらいだった。
「~どやずまいー~」などと,安い焼酎の酒臭さのイメージ
この歌詞の強烈なイメージは,変えられないと思っていた。
が,この番組でこのアレンジで,
新しい魅力があった。
うーん素敵。
そういえば,最近のカラオケには,
ピアノの名演奏によるカラオケがある。
これもまた,快感だったなー。
アレンジってとっても大切だと思うこの頃でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

 中年いいぞー! 怒髪天 [音楽のお話]

怒髪天というおっさんバンドがある。
音はブラフマン系かな?
パンチのあるビートに,郷愁を誘うメロディ
労働コーリングという曲には,
すっかりはまってしまった。
ロシア民謡の一週間のような構成で,
日々一週間を,やっと過ごしている,
体力・気力・能力とも衰えてきている
中年(というか初老?)の人々のハートをわしづかみ。
初めて聞いた時点で,口ずさんでいる自分がいた。
よくわからない心強さと楽しさを与えてくれる曲だった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
音楽のお話 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。