So-net無料ブログ作成

オアシス

竹ひごの箱作りが終わった後,
本屋さんで教育技術を立ち読みしたところ,
竹ひごをつなぐのが,粘土よりもオアシスが良いと書いてあった。
昔,高学年で,直方体の複合系(?)の体積を求めるときに,
オアシスを使ったことがある。
包丁で,切ってつないで・・・などがやりやすかったから。
最初,寒天を使おうかと思ったが,
当時,寒天ダイエットのブームで,
お店から寒天が消えてしまった時期だった。
そこでホーマックで見つけたのがオアシスだった。
フラワーアレンジメントをつくるとき,
草花をぐさぐさ刺す,スポンジのようなもの。
いずれにしても,普段の授業で使うには,
ちょっと高価。
かなり歪んだが,粘土で我慢してもらう。



竹ひご切り

算数で,立体をつくるのに,面ではこの形をつくったのに対して,
今度は,辺と頂点で作る。
竹ひごを12cm,8cm,6cm,を各4本と,油粘土で組み立てる。
2年生の算数は,これが最後の単元なので,のんびり楽しみながらやっている。
で,竹ひごを用意して,昨日,人数分をペンチで切った。
最初は,グループに1セットと考えて切り,
そのうちに二人に一つ,
ついには,全員分をやってしまった。
居間のテーブルの上は,竹ひごだらけ。
夫に「独身の部屋みたいだなー」と言われた。
確かに,その通りだった。
今日の授業は,帰りの会でも,
「楽しかった」と体育と並んでいた。
やったー!苦労のかいがあった。

ロケって

函館がロケ地と言うドラマを見た。
母と姉と三人で,見た。
「あー,ここはあそこだね・・・」と,知った場所が出るのは良いが,
駒場車庫から探しに飛び出し,
いきなり明治館,函館山。
奥さんが朝市の花屋さんだけど,
そこに行く電車の電停が「十字街」
その,場所の飛び様に,きょとんとなることが多く,
ドラマに集中できなかった。
ロケ地のいいとこどりをして,並べるから,
当たり前のことだけど,
知った場所が,かえってあだとなってしまった。
おそらく,数ある湯けむりミステリーや,
とつがわさんものなど,こちらがわからないけれど,
いろいろあるのだろうと思った。

生き物係からのクレーム・・・

冬休みに,凍ってしまっては困ると思い,
ザリガニを我が家に疎開させていた。
さて,教室に戻そうと思ったら,
道路事情が悪く,無事に運べそうになかったため,
ずっとそのままだった。
普通の出勤前に,運び込みの準備ができない。
雪かきをすると,それ以外のことまでやりたくないし,
第一,揺れるのは避けたい。
ぼやぼやしているうちに,3学期始まって1か月もたってしまい,
ついに,
「仕事がないので・・・」と係に言われた。
それはそれは,
この係だけ,希望者が多く,話し合いと選挙できまっていただけに,
やる気満々の生き物係。
今日,アートさんに負けないぐらいの,
大げさな荷造りをして,運び込んだ。
私は,あまり世話をしなかったため,
水草を全て食べつくしてしまったようだ。
脱皮もして,大きくなっていた。

はこの形

算数で,はこの形をお勉強している。
教科書では,はこの各面をうつしとり,切り取り,
はこの形にしてみるものが載っていた。
やってみると,うつし取った形は,どれもかなり歪んだ長方形。
この後,ぶきっちょなかわいいお手手で切り取り,
くっつけたところで,はこの形にはならない。
この学習に入ったとき,箱を持ってきてもらっていたので,
それを分解することにした。
放課後,ちまちまとハサミ&カッターで長方形6枚にばらす。
2人に1セットあたるまで,頑張った。
手にたこができそうだった。
しかし,同じ形の長方形2枚ずつに分け,
それぞれにあ・い・うと名前をつけて組み立てる。
「おー箱になった」
そしてセロテープを切り離し,展開図まで広げてみると,
同じ長方形は,一つ置きに並んでいるとか,
そこらへんまで確かめることができた。
やっぱり,箱って,良い材料で作っているなと感心した。
楽しかったと感想もあったし,手間もかかったが,
授業のことに時間や手間をかけられるのは,
とてもうれしい気がする。
学年末になると,それどころではなくなるからなー。

連休の雪かき

3連休と言う楽しいイメージの日々,
最終日の函館は雪が降った。
午前中は,近所の雪かきの音を聞きながら,
出かける前にしなくちゃなーと思っていた。
しかし,この日のお出かけ予定は夕方。
のんびり構えていた。
さて,と重い腰を上げて,外に出ると,
それはもう,ニセコを思わせる雪だった。
雪かきを始めて,終わる頃には,
最初のところが積もっているという状態だった。
午前中に聞いた雪かきの音は,おそらくお向かいのご主人。
うちと同じく,のんびりしていた筋向いのパパと高校生の息子。
3人体制だが,雪捨て場まで,距離がある。
「終わらないね」と言うと,
「言わないで」。
普段話すことなんて,めったにないけれど,
このときはみんなフレンドリー。
お向かいの奥さんが出てきた。
結構な雪で,一人でやるところをちょっと手伝った。
「全道的には穏やかですが,道南は・・・。」というお天気のお姉さん。
でも,道南の天気は,いずれ道内全般に広がっていくのだから,
もう少し注目してほしいなー。
終わらない雪かきを終え,出かけたときには,
エネルギーが切れてしまった。

発熱の思い出

私は,普段,風邪をひくことはよくあるが,
熱が出ることはあまりない。
のどの痛み→鼻水→鼻づまり→咳
という,耳鼻科パターンだ。
熱が出ないから,そっち方面の菌を殺せず
鼻患いになるのではと思っている。
で,今年かかった風邪は,熱だった。
熱があるという自覚症状がわからず,
やれ寒いの肩が凝るのとぐだぐだして,
耳で熱をはかってようやくわかった。
どうも,脇の下で上手く計れなかったらしい。
インフルエンザの検査をしたら,違うとのことだった。
インフルエンザだったら,相当な人にうつしまくっていたことと思う。
熱が出るとこうなのだということがわかったので,
次の時には,もう少し早く気づくことだろう。

何から書いたら・・・

気がついたら,冬休み中以来,しばらくのご無沙汰でした。
年末,函館は,何年来ぐらいの大雪と寒波に見舞われました。
もともと豪雪地帯ではないため,函館の除雪費は,
かなり少なく見積もっているのだと思う。
それが,年末の段階で結構な積雪。
道路はすごいことになっていました。
同僚でも,次々と車をぶつける人が相次ぎ,
ついに私もぶつけられた。
ぶつけられたところを見ると,バンパーの傷が多すぎて,
どれが今回のものかわからない。
そんなごたごたが過ぎると,
3学期が始まり,
インフルエンザの流行で,
私も熱を出してしまった。
なんだか,今年は,波乱の幕開け・・・。
縁側のおばあちゃんが,
「もう,2月?あっというまだねー。」
と言った感じの,時間感覚になってきている。
ぼやっとしてはいられませんね。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。