So-net無料ブログ作成
検索選択

全道教研終わる

今回は,函館大会だったため,函館支部は,動員が多かった。
各分会とも,若い人がいないため,
係のぱしり仕事も,50代が勤めている。
私も,袋詰め作業に出かけたりした。
函館観光,飲食関係の冊子と,要綱など,教研関係の冊子やプリント類,
それとティッシュとイカの珍味(小袋)を封筒に詰める作業だ。
焦らなくても良いのに,すごい流れ作業で,
汗をかいてやった。
しかも,ラインを止められず,暑くても上着も脱げず,
痒いところもかけないぐらいだった。
「なんか,『野麦峠』の女工さんみたいだね」と,例える話題も50代。
私は,そこで風邪をひき,
昨日の午前でダウンしてしまった。残念。
函館は,道南の端なので,反対側から来るのは,大変なことだと思う。
(逆もありだが)
レポート数や参加人数は,減ってきているのだが,
日頃,仕事に追われて,
いろいろなことを考えなくなっている自分に気づかされる,
とても良い機会だと思った。

御馳走食べまくり

金曜日は,研究授業や,いろいろなお仕事の一段落
ということで,有志で飲み会。
9品,飲み放題で3800円という居酒屋での宴会だ。
居酒屋なので,材料は庶民的なものではあるが,
料理がとてもおいしかった。
飲み放題でも,サッポロの生が飲めた。
1えだまめ
2大根サラダ
3鳥つくねの陶板焼き
味噌ホルモン串焼き
5いかとキャベツのかきあげ(天つゆがとろっとしていた)
7かぼちゃのグラタン
8いかのつくね
9しめが冷やしがごめ昆布ラーメン
あー,どうしても一品思い出せない。
何だったかなー。
おいしかったし,安かった。
そんなお店なので,けっこう混んでいて,忙しそうだったなー。

大きな栗の樹の下で

私の職場には,おおきなくるみの木と栗の木がある。
くるみのほうは,歴史があるらしいが,
やはり子どもたちには,栗の木のほうが断然興味深いもののようだ。
9月の残暑厳しい折,緑のイガが,ぼろぼろ落ちてきていた。
結構な数で,しかもこんな色で。
「今年の栗は,だめかもしれないねー」と話していた。
ところが,最近になって,大豊作の様子。
明け方の暗い頃,どこぞのお年寄りが拾っていくらしい。
それでも,登校後の子どもたちは,ずっとうつむき姿勢で,
拾っている。
中休み・昼休み・下校時,いつでもころがっている。
それを両方の靴ではさみながら踏んで実を取りだす。
何十個と拾って,家に持ち帰っている。
職員室でも,ゆでたものが回ってきた。
わたしも,一度退勤時に拾ってゆでて食べた。
こんなに落ちてくるのなら,頭に当たったら痛いなーと
心配しながら歩いていたが,
いざ拾い始めると,そんな心配はどこかに行ってしまう。
天の恵みを満喫できて,幸せだ。

何が役立つか?

私の人生の経験を振り返っても,
何が役立つものか?本当にわからないものだ。
以前にも触れたことがあすが,
高校生の頃,バンドに熱を入れすぎて,大学入試に失敗した。
以来,バンドからは足を洗い,真面目に浪人生活をした。
一応,志望の教育大に受かったが,
その学生時代に習ったことよりも,
自分で夢中になったバンド活動が,
教師になってから,とても役立った。
ノーベル賞の受賞で,ドクター山中の研究が注目されている。
(今は,違った意味でも注目・・・)
研究費の補助がが安いとのことで,文科省で,どーんと補助を出すとか。
しかし,結果や成果の出ている,または,見えている研究は,
まだましだ。
そういうところに出す金は,補助金と言えるかどうか?
今後,どうなるかわからないのが研究だ。
15年ほど前に,セアカゴケグモなる毒蜘蛛が話題になったことがある。
その時,日本蜘蛛学会なる研究グループのあることを知った。
おそらく,いろいろな生物ごとに,そういう学会があるのかもしれない。
研究段階で,これが解明されれば・・・というものは多いが,
手だてがなかったり,膨大な資源や予算を食うのであれば,
不可能に等しい。
世の中,何が役立つか?わからないのだから,
研究には,産学協同スタイルだけではいけないと思う。

耳袋秘帖:根岸肥前

風野さんのシリーズで,最近読み始めた。
主人公の根岸肥前の守は,以前に読んだ
鎌倉河岸捕物控にもたまに登場する。
鎌倉河岸捕物控は,舞台が北町奉行配下の金座裏なので,
小田切土佐の守(だったかな)がよく出てくるのだが,
北も南もないという事態があって,
確か八丁堀の火事かなんかだったと思う。
根岸様という南町のお奉行が,・・・と言う場面があったので覚えていた。
同じ時代のお奉行らしく,
こちらでも,小田切土佐の守は出てくる。
ま,秋の夜長の暇つぶしには,嬉しい本のようだ。

ま,秋の夜長の暇つぶしが必要なほど暇でもないけど。

今日もジムに

前回,半年ぶりぐらい久しぶりに行ったジム。
あまりに大変だったため,
今日もまた行った。
汗はたくさん掻いたが爽快。
やりすぎないで,温泉重視。
でも,前回よりは,負荷をかけても大丈夫だった。
しばらく,この調子で続けていこうかと思う。
ストレッチマシンと言うのがあって,
腰や肩,背中が伸びて,
とても気持ちが良い。

マシンと言う割には,電気を使っていなくて,機械らしい感じはしないが,
そういえば,ラグビーのタックルマシン・スクラムマシンも同様だ。
いや,こっち(タックルマシン)の方がもっとすごいかな?
いくらかの仕掛けのあるものもあるようだが,
一般的に,限られた予算で帰るものは,
でかいサンドバッグのようなものだし。

近所のななかまどが,いくらか色づいてきている。
お天気が良ければ,またお出かけしたいが,
明日は,天気が悪そうだ。

定時退勤週間3日目

学年を組んでいる若者の授業研が近付いているため,
退勤は1時間半遅れの6時半。
休憩時間に病院に行って,薬をもらってきて,
それからだから,ちょっとのオーバーというところかもしれない。
今週は,振り休で,3日間しかなかったが,
子どもたちも,急激な気温の変化に,
体調を崩している子が続出している。
緊張も解けたせいかもしれない。
私のクラスは,学芸会の前の日に,
プレ授業をした。
プレと言うことで,私も子どもたちも,肩の力が抜けて,
良い感じで,学習を進めることはできたが,
私自身の疲れは,ピークだった。
このままでは,健康を害してしまうなーと,
この3日間をのんびりすることにした。
歳を取ると,無理が利かなくなるけれど,
倒れる前に,休むようになったなーと,
変なところで,自分に感心している。

定時退勤週間2日目

今日は,定時を15分過ぎたところで気づき,
個人懇談の調整に電話をかけてから帰宅。
陽が落ちて,夕暮れと夜の境界線のような空。
雲は,?積乱雲?
そういえば空気も生暖かい。
秋という季節は,どうしたのだろう。
おいしそうなかぼちゃを買ったのだが,
1個まるごとなので,ふかした残りは冷凍庫行き。
しかし,冷凍庫の空きがない。
冷凍庫にあるものを,一生懸命に食べなくてはならないと思い,
結局,夏の残骸,棒付きアイスを一つ食べた。
あまり大勢に影響はない。
家の中もそうだが,
教室も,かなり汚れが目立ってきて,
掃除のときに,床を雑巾がけした。
行事があると,どうしても毎日の
当たり前のことがおろそかになってしまう。
昨日から,家庭学習のノートを始めた。
ここから終業式まで,良い習慣をつけていきたいなー。

定時退勤週間1日目

定時が何時だか忘れてしまい,
「もう5時半だよ」と言われて,「そうなのか・・・」と絶句する始末。
それでも,いつもよりかなり早い。
久しぶりに,帰宅途中に本屋さんによった。
文庫本1冊と,「尖閣諸島特集の『世界』」を買った。
すごく嬉しい気持ち。
かけざんシートを作ってみようかな?などと,
100円ショップにも寄って,シールを買った。
思うに,追いつめられて仕事するのって,
限界に挑戦することで,力を伸ばすこともできるけど,
それがずっとだと,クリエイティブな活動はできないなー。
今日は,ご飯を食べたら,ジムに行って,汗をかこうかなー。

ホッと一息

今年は,忙しいことが重なり,夏休み以降,
本当に忙しく,仕事を片づけても片付けても,
次々やってくるという感じだった。
まず,図書室のデータベース
次に学芸会
研究授業
そして全道教研
夏休みは,ほとんど休みなく,これらの仕事で終わってしまった。
リフレッシュしないで,ここまでを,虫の息で過ごしていた。
図書室・学芸会と終え,
研究も,山場は越えた。
今週は,(振り休で3日しかないが)私一人で
「定時退勤週間」にするぞー!

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。