So-net無料ブログ作成

学校で完全燃焼!

などと、タイトルほどにかっこよくないのだが、
春休みになって、
まずは、指導要録。
今回は、手で書くことのない、全てエクセルの枠の中に突っ込む。
春休みの1日目は、ほぼ全員が職員室で、
ひたすらカチャカチャとやっていた。
はっきり言って、小学校の教師は、
こういう作業が、あまり好きでない人が多い。
小さな声でしゃべる無駄口や面白いことに、
すごい食いつき状態だった。
日頃、おしゃべりなんかしたことのないような距離の席から
返事が来たりする。
ま、つかの間の楽しみだが、
目をしょぼつかせながら嫌なこと完了。
教務は点検作業があるが、
教師用の教科書を所定の場所に出して、
これも点検を受ける。
なぜか、クラスのとある少年の教科書が混ざっていたらしい。
そういえば「ありません」と言っていた。
そのとき、「忘れ物はいけない」などと説教したけど、
犯人は私のようだった。
お詫びかたがた、お家に届けた。
そして次は教室の引っ越し。
どちらかと言うと、この作業のほうが生き生きしている。
私も、企画が違う教室に、収めるのに頭を使う。
今年は、春休みが余裕があるように思う。
新年度の準備も5日間ある。
変なのは、いつまでも雪が降り、いつまでも雪があることだ。
春休みだか冬休みだか、
訳がわからなくなってしまう。

走馬燈のように過ぎてしまった学年末

久しぶりにここに来たら、本当に久しぶりだった。
ちょっとPCの調子が悪くて遠のいているうちに、
こんなに経ってしまった。
新聞では、管理職人事・一般教職員等の人事が発表された。
「へー」と驚くこともあるが、
何より、
退職者に結構な知り合いが多い。
気楽にものを聞けるぐらいの、
(つまり、そんなに歳が離れていない)
そして、聞いたことを教えてくれるぐらいの力がある、
そんな先輩たちが、退職を迎えている。
指導のことも、分掌のことも、組合のことも、
いろいろ教わった先輩たちなので、
さびしさもひとしおだ。
その上、自分の歳も感じさせられる。
毎年、何もしないうちに、
何の力もつけないうちに、
あっという間に過ぎてしまう。
私が、世話になった先輩たちのように
力強い存在になっているとは、とても思えない。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。