So-net無料ブログ作成

メモをもとに 作文の話また [一年生の生活]

1年生でメモをもとに作文を書くなんて、
無理に決まってる。
と思いながらやらせてみた。
メモが作文の文章と同じ
メモのまま文章を書いている
忘れないためのメモなのに、
面倒になって、メモを抜粋している
全く関係のないことを書いている
・・・
ま、いろいろだった。
2学期にあった児童総会では、
6年生の委員長さんが、活動計画の提案物をそのまま読んで、
書き言葉も話し言葉もあったもんじゃないという
高学年の現実を見ていた。
以前に受け持った高学年も、
同じようにできていなかった。
そんなものかと思う。
いやいや、総理大臣でも、原稿丸読みの時代だからなー。

焦らなくても良いが、あきらめないで身につけてほしい。
ま、人それぞれ、やりやすいやり方と言うのがある。
そのうちの一つのやり方なんだけど、
メモをまめにとる習慣というのは、
これから先、有効に使える技と思う。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

作文の学習 [1年生のお勉強]

1年生最後の作文単元を終えた。
今まで、ひらがなを書くから始まって、
絵日記やらせんせいあのねなど、
いろいろな作文を書いてきた。
指導計画では、かなりの時数を取って指導するようになっていたが、
子どもたちの集中力を考えて、
時間を細切れにし、かんたんな作文を、ちまちまと書かせてきた。
楽しいことが中心だったが、この単元では、
配当時間をきちんと使って、書かせた。
メモを書いたり、メモをもとに文章にしたり。
1回目の青書の後、友達と交換して相互評価をさせてみた。
友達の作文に、「だれが?」とか、「すごいねー」などのコメントを書く。
これはけっこう楽しんで取り組んだ。
疑問があったところは、それにこたえるように文を加えて清書する。
長い時間を最後まで続けて頑張れたし、
「作文好きになった」などの感想もあって、
ちょっと嬉しかったなー。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

寝ているときの停電

友達の住むところで、
明け方近くに停電があったらしい。
けっこう長い時間だったと思うとのことで、
「寝ているときだから、どうでもいいんじゃないの?」
と言うと、
それがなぜか空気が乾いているように思って
加湿器をつけようと思ったらつかない。
コンセント入っていないのかなーと思ってあきらめたとか。
そんなんで、うとうとしていたのが覚めてきて、
トイレに行くことにしたらしい。
電気がつかず、停電だとわかったらしい。
その上、便座に座ったとたん、
あまりの冷たさに、すっかり目覚めてしまったとか。
そんなものなんだなー。

御宿かわせみ 長逗留

居眠り磐音シリーズもそうだったし、ずっと昔から、
自分には、そういう傾向があることを知っていたのだが、
シリーズ物は、気に入ったのなら、全部読まないと気が済まない。
御宿かわせみを読みだしたのが、年末年始あたりだったと思う。
それから読みだして、PCを立ち上げない日も数多く、
かなり無精者の日記になってしまった。

このシリーズは、1冊の文庫本に、7~8話がある、
短編の集まりだが、おもな登場人物の状況は、
日々歳を取り、変わっている。
主人公東吾が、恋人るいと祝言にたどりつくには、
お互いの気持ち以外の、いろいろな難関がある。
15巻目で、ようやく祝言の日を迎えたときには、
登場人物同様、「あーやっと・・・」という気持ちで祝った。
この物語の中で、生まれてきた子
花世・源太郎・千春・麻太郎などの育っていく過程が、
自然で、感心してしまう。

今、30巻を読んでいるので、読み終えるには、
今週いっぱいぐらいはかかると思う。
もう少し、引きこもりの日が続く。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。